料金

krewData 価格の考え方

スケジュール数

データ編集フローに設定している実行スケジュール数の合計です。
ドメイン内に複数のデータ編集フローが存在する場合は合計値が対象となります。

例)ドメイン内に以下2つデータ編集フローが存在する場合
ドメイン内に以下2つデータ編集フローが存在する場合

※ ドメイン内の全フローのスケジュール数の合計値はプラグイン設定画面で確認可能です

krewData 処理レコードの考え方

処理レコード数

データ編集フローに存在する全ての「入力アプリ」コマンド内で抽出するレコード数の合計です。
ドメイン内に複数のデータ編集フローが存在する場合は最大値が対象となります。
「出力アプリ」にも同数の制限値が適用されます

例)ドメイン内に以下の2つのデータフローが存在する場合
ドメイン内に以下の2つのデータフローが存在する場合

※ 入力アプリの処理レコード数はデータ編集フロー作成時、入力アプリコマンドを設定後に確認できます

※「テーブル展開」使用時の留意事項

「テーブル展開」コマンドを使用してレコードを分割した場合、分割後のレコード数が処理レコード数として扱われます。

そのため、レコード数の上限設定に達しないよう、考慮してデータ編集フローを構成してください。

例)注文管理のテーブル明細を展開して請求データを出力する場合
注文管理のテーブル明細を展開して請求データを出力する場合

※ 出力アプリの処理レコード数はデータ編集フロー作成時に確認できません