プラグインでkintoneを自動集計
krewDataの2つのプラン徹底比較

スケジュール実行プラン

リアルタイム実行プラン

krewDataの魅力

自動集計

自動集計

kintoneのカスタマイズ不要でアプリ間をまたいだ集計が自由自在

パズル感覚

パズル感覚

誰でもカンタン。パズルをつなぐ感覚で集計コマンドを操作

実行ログ管理

実行ログ管理

集計の実行結果はkintone上のログで確認可能

あなたに合う krewData はどちらのプラン?

スケジュール実行
  • 決まった時刻に集計・加工したい
  • 手軽に大量のデータを処理したい
  • データの活用を検討している
スケジュール実行プラン

スケジュール実行プラン

リアルタイム実行
  • アプリ操作と連動した処理行いたい
  • アプリ操作のタイミングで特定のデータを処理したい
  • アプリの運用方法を検討している
リアルタイム実行プラン

リアルタイム実行プラン


krewDataプランの違い 3つのポイント

krewDataの設定方法の違い

krewDataの設定方法の違い

プラグイン設定画面で
実行時間を設定する

プラグイン設定画面で実行時間を設定する

●krewDataのプラグイン設定画面で実行時間を指定

WebhookまたはAPIで
処理を呼び出す

WebhookまたはAPIで処理を呼び出す

●Webhook:kintoneの設定画面
●API:JavaScriptを利用して呼び出し可能

krewDataで設定した処理の実行タイミング

krewDataで設定した処理の実行タイミング

設定したスケジュールで
定期集計

設定したスケジュールで定期集計

●月次・日次・時間単位で設定
●曜日の指定が可能
●月の最終日の指定が可能

※ プラグイン設定画面から任意のタイミングで処理を実行することは可能です

アプリ操作に応答して
リアルタイム集計


アプリ操作に応答してリアルタイム集計

●Webhook:レコード追加・更新時など
●API:任意のタイミング

※ プラグイン設定画面から任意のタイミングで処理を実行することは可能です

1回のフローで処理できるレコードの上限数​

1回のフローで処理できるレコードの上限数

20

●定期的に大量レコードの処理が可能

1

●リアルタイムで特定レコードを処理


それぞれのkrewDataプランが向いている業務

定期的な集計業務

定期的な集計業務

  • 予実管理:月次の売り上げ報告
  • 請求管理:月末の請求書発行
  • 入力揺れのデータクレンジング
処理が連動する業務

処理が連動する業務

  • 発注管理:在庫数に応じた自動発注
  • 受注管理:受注時に請求書データを作成
  • マスタアプリ更新時の自動反映

kintone管理者から見た
krewDataプラン選定ポイント

シンプルな管理

シンプルな管理

  • 集計タイミングをコントロールできる
  • 処理状況を把握しやすい
  • 運用ルールの組み立てが容易
複雑な管理

複雑な管理

  • 集計タイミングはランダム
  • 処理状況を把握しにくい
  • 運用ルールの組み立てが重要

さらに詳しいkrewDataプランの検討資料

krewDataプランの検討資料

スケジュール実行プランとリアルタイム実行プランの違いや制限事項等のより詳細な情報を掲載しています。具体的に検討する際にはこちらもご活用ください。

今すぐ資料をダウンロード